妊娠線の仕組みをしっかり学んで予防と対策をしましょう

妊娠線が出来やすい人とは

妊娠線が出来やすい人もいれば、出来にくい人もいます。
生まれつきの体質もありますが、ある程度は自分でコントロールできますし、妊娠線の予防の関するケアは、妊娠線に関わらず健康管理の面からも必要な部分がたくさんありますので、是非、妊娠線を作らせない生活を心がけておいて損はありません。

太り気味の人は注意

急激に体重が増えたり、皮膚が引っ張られることが妊娠線の原因なら、もともと身体の大きめな人には妊娠線は出来にくいのでは?と思いますよね。
でも実は、もともと皮下脂肪の厚い人は皮膚の弾力性が低くなってしまっているために、妊娠線が出来やすいタイプなのです。
身体の大きな人でも痩せている人でも、妊娠による体重の増加は起こります。
その時に必要なのは皮膚の弾力性と水分保持機能であって、もともとの大きさとは関係ありません。
もちろん、太り気味でも皮膚が十分弾力を持っていれば妊娠線が出来ない可能性もありますが、概ね皮下脂肪が多い人には出来やすい傾向にあります。
運動不足で太り気味の人は、妊活時から気をつけたほうが良いかもしれませんね。

多胎児の人は注意

双子の妊娠は、一人の妊娠状態よりもより身体が大きく引っ張られることになりますし、身体も大きく変化しやすくなります。
当然子宮が二人分まで大きくなるわけですから、妊娠線のリスクも高くなることは避けられません。
お腹があまり大きくならなくても、お母さんの体重がそれほど増えなくても、妊娠線が出来やすくなるという特徴もありますので、多胎児出産に臨む人はより注意が必要でしょう。

二人目以降の人は注意

実は、一度出産を経験した人は二人目以降、妊娠線の出来る確率が上がってしまうことがわかっています。
出産を経験すると子宮が伸びやすくなっていて、容易に大きくなるのに対して、皮膚のほうはついていけるようになっているわけではありませんから、成長スピードの変化が妊娠線のリスクにつながることになります。
妊娠線は、ゆっくり徐々にお腹が大きくなれば起こるリスクは減ります。

妊娠線について

妊娠線対策

ページの上部へ