妊娠線の仕組みをしっかり学んで予防と対策をしましょう

妊娠線のかゆみ対策の方法

妊娠線は、皮膚の中の傷とはいえ出来て痛いものではありません。
でも妊娠線が出来そうな部分がやたらとかゆく感じるという人は少なくありません。
実はこの妊娠中の皮膚のかゆみというのがまたやっかいな存在で、体内のホルモンバランスが崩れていることにも関係して、急に敏感肌になってしまう人もいます。
すぐにあせもが出来たり、服の刺激が気になったりして身体中がかゆくなるような場合には、妊娠線が出来やすくなっている兆候と思ったほうが良いでしょう。

敏感肌は妊娠線の兆候

妊娠中の肌がかゆくなるのは、肌のバリア機能が損なわれている証拠です。
通常の肌は十分な保水機能を持っていて、ちょっとくらいの外部刺激では過剰反応するようなことはありません。
ただ、妊娠中はホルモンバランスが崩れている上に、お腹の中の赤ちゃんに水分を取られているので、乾燥肌になりがちです。
汗をかいただけで自分の汗の中の成分に反応してかゆみが出てしまうような状態は、肌が潤いと弾力を失って妊娠線が出来やすくなっている状態です。

乾燥肌を感じたら徹底保湿

妊娠中に肌の変化を感じたら、徹底的に保湿に務めましょう。
梅雨の時期や暑い夏の時期でも、しっかり保湿クリームなどを塗って肌を守る必要があります。
乾燥していると引っ張られた時に妊娠線が出来やすくなるのと、かゆみが起きてかきむしってしまうことで皮膚をどんどん弱めてしまう可能性があります。
まずは肌を清潔にして、ジェルなどで保湿することが大切です。

肌に合った下着に変える

妊娠中のためだけに下着を変えるのはもったいないなどと言わずに、たとえちょっとカッコ悪くても、ゆったりのびのび出来る肌に良い下着を調達しましょう。
締め付けるものは厳禁ですし、おなかはどんどん大きくなりますから、サイズも特大のものが必要です。
妊娠中はデザインよりも素材です。

あまりにもかゆみがひどい場合には、主治医に相談するとかゆみ止めを処方してくれるでしょう。
皮膚の薬とは言え医師に確認したほうが良いですね。

妊娠線について

妊娠線対策

ページの上部へ