妊娠線の仕組みをしっかり学んで予防と対策をしましょう

体重管理で妊娠線対策

妊娠線は、お母さんの身体がゆっくりゆっくり大きくなっていけば、出来るリスクをかなり軽減することが出来ます。
最終的に同じくらいの大きさになるとしても、急激に成長した場合と徐々に変化していった場合とでは妊娠線の有無に大きな差が出るわけですね。
ここは自分である程度コントロール出来る部分ですし、必要以上に体重が増加するのも胎教に良いものではありません。
食欲が出てエネルギーを必要とするのはわかりますが、そこはしっかり管理しましょう。

妊娠前との体重差で管理

妊娠中にどれくらい体重が増えるのが理想的かは、おそらく産婦人科の主治医や看護師から説明を受けていると思いますが、理想は妊娠から出産まですべてを含めて妊娠前の体重プラス8kgから12kg程度の範囲内に抑えるというのが一般的です。
妊娠初期はつわりがひどく、逆に体重が減ってしまう人もいますが、おさまったと同時にリバウンドのようにたくさん食べ始める人もいます。
必要な栄養を取るのは大事なことですが、脂っこいものや甘いもの、乳脂肪がたっぷりのものなどばかりを大量に食べてしまったのでは、妊娠線対策としても健康管理としても良いことではありません。

妊娠中のストレスを管理

妊娠中は、さまざまな変化が起こることでストレスを抱えやすい時期でもあります。
ストレスはかなりやっかいな存在で、イライラしたり落ち込んだりすると緩和するためにとにかく食べ物に手を出してしまったり、甘いものやジャンクなものを無性に食べたくなったりすることも少なくありません。
なかなかストレスを溜めるなというのも難しい状況ですが、することがないと糖分や塩分の高いお菓子などを食べたりしがちですから、楽しくストレス発散する方法を見つけておくことが大切です。

妊娠中の運動量を管理

妊娠中は身体を動かすことがとにかく億劫になって、座ってじっとしていたくなるものです。
もちろん無理な運動は厳禁ですが、適度に身体を動かすことは大変重要なことです。
循環を良くすることで便秘が解消したり、血行を良くして妊娠線の予防につながったりもしますので、歩くなどの基礎的な運動は行うようにしましょう。
ただ、これもつわりなどのある妊娠初期にはNGです。

妊娠線について

妊娠線対策

ページの上部へ